新潟医療福祉大学同窓会

GREETINGご挨拶

同窓会会長挨拶

同窓会会長齊藤公二

会員の皆様、お元気でお過ごしでしょうか。時が過ぎるのは早いもので、母校である新潟医療福祉大学が開学して20年、本同窓会が設立して16年になりました。さらに、2学部5学科から始まった母校は、2019年度に6学部13学科となり、多岐にわたる専門職との連携・交流を図ることができる、より素晴らしい環境となります。本会も母校の特色を活かし、会員の皆様の資質向上と相互の親睦のため、様々な企画・運営を行ってまいりたいと考えています。

多くの会員の皆様は、『専門職』としてご活躍されていると思います。わたし自身も栄養教諭として慌ただしい毎日を送っています。慌ただしい日々の中、「私たち専門職にとって、卒業後に必要な資質とはどんなものなのか」と改めて考えさせられることがありました。

先日、わたしの友人がSNSに次の文章を掲載していました。

水を入れたペットボトルを2本用意し、毎日、1本には「ありがとう」と声をかけ、もう1本には汚い言葉をなげかける。それを数日繰り返し、それらの水を凍らせてから顕微鏡で見てみると、作られた結晶の美しさに明らかな差が出たそうだ。ヒトの身体の60%は水分である。つまり、言葉が身体にも影響を与えていると考えるのが自然であり、きれいな言葉を使うと、自分も相手も気持ちがいい。反対に汚い言葉を使うと自分も相手も心が傷つく。胸が痛いのは、心の水が汚されているからなのかもしれない。目に見えないからこそ、大切に、丁寧に、身体を労わるように言葉を使いたい。(一部簡略)

同じ大学で学び、現在は遠い別の場所でがんばり、研鑽し続ける友人の考え方(資質の在り方)を共有できたこと、その姿をイメージできたことは非常にうれしいことでした。また、毎日の多忙な仕事の中で、本来大切にしなければならないことを蔑ろにしている自分自身を顧みることもできました。

専門職として多くの専門的知識や経験は当然必要ですが、それら以外にも一人ひとりにとって必要とする、特別で、大切な資質があると思います。忙しい毎日の中で目の前の人のために自分に何ができるか考え、何を大切にするべきか振り返ること。目の前の人を幸せにするために、自分自身が幸せであろうとすること。それを忘れずに日々考え、感じることが、わたしたち専門職にできる資質向上の一つではないでしょうか。

『新潟医療福祉大学同窓会』は、会員の皆様それぞれの資質向上を目指して、研修会等の企画を充実させています。また、ホームページやSNSを通じて情報を発信していきます。めまぐるしい日々の中でも、大学時代の友人から刺激を受けられる、先輩・後輩の近況に顔がほころぶ、QOLサポーターとして何をすべきか考える材料になる、同窓会としてそのような発信を今後もしていければと考えております。今後とも新潟医療福祉大学同窓会をよろしくお願いいたします。

同窓会への学長メッセージ

学長 西澤正豊

学長 西澤 正豊

同窓会の皆様へのご報告とお願い

4月1日付けで山本正治先生の後任として第3代学長に就任致しました西澤正豊と申します。どうぞ宜しくお願い致します。

本学は、優れたQOLサポーターの育成、地域貢献、国際貢献を3つの目標として掲げ、2001年に創立された新しい大学です。20周年を目前に控えたこの機会に、同窓会の皆様と本学との連携を一層深めたいと念願しております。

大学の評価の一つは、大学がどのような人材を育成し、卒業生が社会に出て如何に活躍していただいているかによります。本学は「面倒見のよい大学」を標榜していることはよくご存じの通りですが、対象は在校生に限りません。現在、1万人に上る本学卒業生の皆様のご活躍の状況を捉え、本学が皆様に引き続きどのようなお手伝いができるか、皆様がどのような課題をお持ちになり、本学がサポートできることはないか、お伝えいただきたいと思います。皆様のご研究をサポートすることもできます。図書館等を通じて最新の情報をご提供することもできます。

また、皆様からぜひ本学にご協力をいただきたいと願っています。後輩の臨床研修の指導をお願いできませんでしょうか。本学スタッフとの共同研究をお願いできませんでしょうか。ホームカミングデイに本学に来ていただくだけではなく、本学は常に皆様のお力添えを必要としています。意欲ある方は、本学の次の時代を支えるスタッフとして、本学における教育・研究活動に積極的に参加してください。

本年度より丸田秋男副学長に同窓会に関する業務を担当していただくようお願いしています。皆様に宛てて近く、現状をお知らせいただくためにお便りを差し上げますので、何卒ご協力を宜しくお願い致します。

現在、本学は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、授業開始を5月7日として、全ての授業を非対面のメディア授業として行います。学生の登校もサークル活動も原則禁止していますので、満開の桜の下に学生の姿はありませんでした。今後、この感染症がどのように終息するのか、予測は困難でありますが、本学が例年のように活気ある姿を取り戻すことができますよう、われわれ教職員がワンチームとして奮闘しておりますことをご報告致します。

4月15日に本学教員による思わぬ不祥事が起きてしまいました。事実関係が明らかになり次第、本学規定に従い、厳正に対処致しますが、20年に渡って築いてきた信用を1日で失いかねない事態を招きましたことに対し、同窓会の皆様に心からお詫びを申し上げます。教職員一同、真摯に信頼回復に取り組んで参ります。

pagetop