新潟医療福祉大学同窓会

MAIL MAGAZINEメルマガ

Wライセンス学科の危機であった法律の改正(臨床技術学科:牧口智夫)

投稿日:2022.11.02


既にご存知のように2021年5月にいわゆる「医師の働き方改革」法が可決され
2024年4月より医師の時間外労働規制が始まります。
この法案と並行して医療関係職種の業務範囲を見直して
各職種の業務範囲の拡大等を行うタスクシフト/シェアを行うための検討がなされ、
臨床検査技師、臨床工学技士他の教育カリキュラムの法改正が行われました。
(臨床検査技師:2021年3月、臨床工学技士:2022年3月)

本学の臨床技術学科は、日本において最初の臨床工学技士・臨床検査技師のWライセンス学科として
2011年度に開設してから2022年度で12期生を迎え入れております。
その間に幾つかの他大学で同Wライセンス学科が設置され競合する状況が発生しておりました。

しかしながらこの法改正で競合他大学は、
Wライセンス学科を取り止めてシングルライセンスにするとの動きになって来ております。
なぜWライセンスを取りやめるのか?と言うと既存の考え方では臨床工学技士、臨床検査技師の指定科目の単位数が増加し、
時間割に授業科目が入りきれない状況が発生したためと考えられます。
本学でも当然同様の状況が発生し、Wライセンス存続かシングルライセンスへの移行かで検討を重ねました。
その中で本学のような立地条件で多くの学生に志していただくためには、特徴ある教育が必須であり、臨床技術学科では、
Wライセンスの維持が何としても必要との結論に至りました。
そこで改正された法律を読み解くと今改正より実習時間1単位を30時間から45時間の中で
大学の判断で決めることができると明記されていることが分かりました。
卒業生の皆さんの実習時間は1単位45時間でしたが、
Wライセンス新カリキュラムでは、実習1単位一律30時間とすることに致しました。
その結果、4年間の総単位数129単位が169単位に増加となりましたが、
総時間数は卒業生の皆さんが学んだ時間数と同じ3150時間とすることができました。
このことによりWライセンスのカリキュラムの存続は可能との判断に至りました。
臨床検査技師カリキュラムは2021年12月に厚生労働省に申請を行い、認可をいただき、
臨床工学技士分は今年度2022年9月に申請を行い、認可をいただける予定です。

Wライセンス学科存続の危機でしたが何とか回避できたと考えております。
現在の情報では日本唯一のWライセンス学科とのことです。

2022年度入学生(12期生)は、先取りしたカリキュラム申請で既に新カリキュラムで学んでおります。
実習時間が30時間に圧縮されて短時間で多くを学ばなければならない状況ですが、
危機感を持って勉学に励んでいます。私ども教員と致しましては、
少しでも学んでいることが重要であると考えております。
学んでいれば医療現場に行って問題に突き当たっても
学んだことと関連性を見い出し発展させ解決できる可能性があります。

このことは、程度の差はあれ卒業生の皆さんにも言えることだと考えております。
この分野を通じて医療の発展にもつながることと考えております。
今回の法改正でWライセンス学科を何とか存続できたと考えております。
今後の卒業生も含めWライセンス臨床技術者の活躍で新たな可能性を追求し、
医療の発展につなげていただければと考えております。 

☆本学臨床技術学科のご紹介はコチラ☆

(臨床技術学科:牧口智夫)

伍桃祭×同窓会イベント開催いたしました!

投稿日:2022.10.31

10月9日(日)に伍桃祭×同窓会イベントを開催いたしました!



来場人数:同窓会ブース 143名(おとな110名、こども33名)内同窓生14名
あそびのひろば(スポーツアスレチック)  90名
カイロプラクティック            30名 
似顔絵イベント               28名            
伍桃祭全体来場人数:1,566名(一般897名、学生669名)

同窓生の出店やあそびのひろば、カイロプラクティックなど、
当日はたくさんの来場者でにぎわいました♫
3年ぶりに開催出来てよかったです。

実臨床と研究室を繋げたい! (臨床技術学科:阿部拓也)

投稿日:2022.10.31

臨床技術学科1期卒業生の阿部です。
卒業後、地元福島での臨床経験を積んだ後、2020年度より教員として母校に戻って参りました。

当時よりも大学施設は大きく拡張されましたが、
今も昔も変わらず元気な学生が、夢の実現のために日々邁進している姿が見受けられます。
当学科でも若手の教員を中心に研究力の向上に力を入れています。
実臨床でご活躍される皆様の中には、研究がしたくても業務が多忙で、
重い腰を上げられない方がいらっしゃるかもしれません。
そんな臨床と研究を繋げられる架け橋的人材になれるよう私も日々奮闘しております!

ぜひお時間があるときに懐かしのキャンパス・研究室に遊びにきてください。
何かヒントを掴めるかもしれませんよ!

今後とも同窓会活動へのご協力をよろしくお願いいたします。

(臨床技術学科:阿部拓也)

同窓生とお会いすると、とても心強く感じます (臨床技術学科:藤井豊)

投稿日:2022.10.31

臨床技術学科 藤井です。私は2016年4月に本学に来ました。

臨床技術学科1、2期生の皆さん初めまして、3期生以降の皆さん久しぶりです!
学会や臨床実習先で同窓生とお会いすると、とても心強く感じます。
いきなりですが、学生時代、思い描いていた理想の自分に近づけているでしょうか?
私自身も理想を追い求めて日々試行錯誤しています。
しかし、常に全力疾走も疲れるものです。
スイッチの切り替え、振り返りなどの場面で、自分の原点である大学に来てみてはいかがでしょうか? 
皆さんと会えることを楽しみにしています。

コマーシャル:本学大学院・医療技術安全管理学分野学生募集中です!
オンラインでの対応、働きながらでも大学院に行けます。
実際に同窓生も(働きながら)修了しています。違う景色を見たい人、ぜひ大学院へ!

(臨床技術学科:藤井豊)

卒業しても皆さんの活躍を応援しています!! (臨床技術学科:川村宏樹)

投稿日:2022.10.31

臨床技術学科卒業生の皆さん、お元気ですか?
私川村は2013年に赴任して10年が経ち、
昔とかわらず3年生は臨床免疫学が大変だと言っていますが、
卒業式には国試の得点源だったと言って頂けるのも昔と同じです。

また教員は1期生時代と比べると増え、23人で学生教育にあたっています。
いま学科は卒業生との交流の一環で講師として招き、現場の様子や必要な知識を講演して頂いています。
在学生は先輩からの言葉が新鮮で心に響くようでとても好評です。
皆さんも機会がありましたら、是非講演をお願いします。

最後に私たち教員は皆さんに来学、学会や臨床実習などでお会いすることを楽しみにしていると同時に、
卒業しても皆さんの活躍を応援しています!!
(臨床技術学科:川村宏樹)

◇ひとつひとつの繋がり(義肢装具自立支援学科 郷貴博)◇

投稿日:2022.10.05

皆さん、お久しぶりです。
義肢装具自立支援学科1期の郷貴博です。

皆さん、コロナに負けず元気に過ごされていますでしょうか。
私の方は、デスクワークが多く日頃より運動する機会も少ないため、
姿勢が悪化していることを自覚しています。よく在学生にも注意をされます。

早いもので今年の4月に12期生が卒業しました。
開学10周年記式典からも5年が経過しようとしています。
現在、大学の方では同窓会員のリストアップに力を入れています。
是非とも引き続き、各期の同窓会役員もしくは学年代表だった方はご協力をお願いします。
郷から個別に連絡をさせていただきます。

また、大学にも気軽に顔を出してもらえると嬉しいです。
そういったひとつひとつの繋がりが同窓会の強化・連携に発展すると思います。
教員一同、また私個人としては同じ同窓生として、皆さんと大学で会えるの楽しみにお待ちしています。

(義肢装具自立支援学科 郷貴博)

◇それぞれの目標に向かって ! (義肢装具自立支援学科 佐藤未希)◇

投稿日:2022.10.05

義肢装具自立支援学科同窓生の皆さん、お元気ですか?
卒業後、皆さんが義肢装具士、または福祉用具相談員としてご活躍されている姿を
学会等で見かけると非常に嬉しく思います。
また、実習指導者や非常勤講師として、後輩を指導してくださる機会も増え、頼もしい限りです。

私事ですが、東京2020オリンピック聖火ランナーを体験させてもらいました。
弥彦神社のロープ―ウェイ乗り場までの登り坂でした。
何でこんな山道を義足の私が…と思っていましたが、障害により出来ないとことが出来た喜び、
家族や周りの人々に与える影響を改めて知ることができました。

皆さんもコロナ渦で働く中、ジレンマや大変なことも多いと思いますが、
自分の目標や信念を持つ物事を大切にし、これからも体に気を付けて頑張ってください。

(義肢装具自立支援学科:佐藤未希)

学科設立から16年目を迎えて!

投稿日:2022.10.05

義肢装具自立支援学科の同窓生(卒業生)の皆さん!
学科は2007年に開設してから16年目を迎えました。
これまでに1~12期生のPOAT_QOLサポーターが、学び舎から巣立っていきました。
現在、13~16期生の162名が在籍し、POAT_QOLサポーターを目指しています。

現在、学科教員は、江原先生、真柄先生、阿部先生、前田様、須田先生、郷先生、佐藤先生に加え、
新たに2020年に理学療法士である神田先生、2021年に下肢装具を専門とする村山先生、
2022年には3D-CADに精通する田山文子先生が加わり、
また皆さんご存知の谷川さん、橋本さんが教員をサポート・盛り上げてくれています。

皆さん、是非学科に遊びに来てください。
来てくれたら、モチベーション“あがりえ”!!

(義肢装具自立支援学科:東江由起夫)

10月23日(日) 障がい者陸上教室 スペシャル版を開催します!!!

投稿日:2022.10.05

義肢装具自立支援学科では、毎月1回(月末日曜日の午前中)のペースで「障がい者陸上教室」を開催しています。
この教室では、隣のお住まいの障がいを持ちの方にご参加いただき、
スポーツ義足の装着から調整、走り方レクチャーのサポートをさせていただいています。

参加者には、本学学生と教員はもちろん、教職員のお子様や地域の理学療法士の方々など、一般の方にも参加いただいております。
本教室を通して障がいの有無に関わらず、参加者全員がスポーツを楽しみ交流を深めることをモットーとしています。
 次回は10月23日(日)午後の開催です。次回はスペシャル版として、
2016年リオパラリンピックメダリストの佐藤圭太選手、そのコーチである大西正裕さん、
「ギソクの図書館」の代表理事である遠藤謙さんにお越しいただき、
ランニングクリニックとトークイベントを開催予定です。オンラインの参加も可能です。
 是非とも多くの同窓生のご参加をお待ちしております。

☆参加登録フォームはコチラ☆

24時間テレビ チャリティーブースを出展しました!!

投稿日:2022.10.05

8月27日(土)、28日(日)に「24時間テレビ 愛は地球を救う」が放送されました。

そのチャリティーブースとして、義肢装具自立支援学科と鍼灸健康学科(2023年4月新設)のブースを
新潟市の万代シティで出展させていただきました。義肢装具自立支援学科のブースは3年ぶりです!
2日間でとても多くの方に立ち寄っていただき、
実際の義肢装具やそれを製作・適合している我々義肢装具士について知っていただく貴重な機会となりました。

今年の24時間テレビのテーマは「会いたい!」でした。
ブースに足を運んでいただいた同窓生もいて、とても嬉しく思いました。
このコロナ禍を経験し、人と「会う」ということの大切さを改めて実感しました。
また来年も出展することがあれば、是非とも「会い」に来てください。

投稿日:2022.09.08

言語聴覚学科同窓生の皆さん、お元気でしたでしょうか。
私が始めて講義やゼミを担当したのは2005年でしたので、
これまで2期生から18期生の卒業を見届けてきました。

卒業後、皆さんが言語聴覚士として、ご活躍されている姿を
学会や実習地等でみかける機会もあり頼もしく思います。

卒業後も研究室に顔を出して近況を話してくれたり、
照れくさそうに結婚の報告をしてくれたり、
皆さんが成長される姿に接することができてとてもうれしく思います。

この3年はコロナ禍で医療従事者としての仕事は大変だったことと思います。
そんな中で病気や障がいで苦しんでおられる方々を支援していくためには、
自分自身の健康が第一です。これからも気をつけて頑張って下さい。
いつまでも皆さんを応援しています。

(言語聴覚学科:今井信行)

会えるときに会っておこう

投稿日:2022.09.08

皆さん、お元気ですか。4期生以前の卒業生はご存じないと思います。
言語聴覚学科吉岡豊といいます。
新潟に来て15年が経ちました。本学の開学から7年後に着任しました。
これまで担当したゼミ生は72名です。若い頃は卒業した小学校、中学校、高校、大学などへの
懐かしさや帰属意識はないかもしれません。

しかし、歳を重ねていくと「あの頃」のことを思い出すようになります。

そのような気持ちになったときはゼミ、同窓会を利用してください。
同窓会を利用するためには、今からつながっておくことを勧めます。
皆さんに講義をした教員もいつかは退職します。

その前に自分の原点を確かめる意味でも大学に来て、あの頃を振り返ってください。
教員一同、皆さんが来るのを待っています。

(同窓会サポーター:吉岡豊)

コロナ禍のもとでの『神経科学』 (言語聴覚学科:今村 徹)

投稿日:2022.09.06

コロナ禍が社会構造に与えたインパクトは,否応なしに本学の教育体制にも変化をもたらしている.
講義のオンライン施行やオンデマンド配信も当たり前のように可能となり,
学生が大学構内に溢れかえることもなくなった.

君たちが履修した『神経科学』もこの3年間,
演習は1セットの学生数を半分にして対面で,
講義は原則オンデマンド配信で,という方針で実施している.

講義を映像と音声をファイルで配信すれば,
学生は自分のパソコンにファイルをダウンロードして必要なだけ巻き戻して見直せるのに‥‥というのは,
以前から今村が夢見ていたことではあったのだが,
図らずもそれが実現してしまったというわけだ.

でも実際にやってみると,この形を生かせる学生とそうでない学生に二分されてしまっている気がする.
もしも君が今,言語聴覚学科の学生だったら,毎週配信される講義ビデオを有効活用して勉強できるだろうか.
そんなことも想像してみてほしい.

(言語聴覚学科:今村 徹)

同窓会公式マスコットキャラクターデザインを募集します!【応募〆切:2022年9月9日(金)】

投稿日:2022.08.04

新潟医療福祉大学同窓会では、2024年に設立20周年を迎えようとしています。20周年を迎えるにあたり、本会のさらなる発展と多くの同窓生や母校の在学生、地域社会の皆さまにより愛される同窓会組織にしていくため、この度、新潟医療福祉大学同窓会を象徴してくれるマスコットキャラクター(ゆるキャラ)のデザインを募集することとなりました。多数のご応募をお待ちしています。

■募集期間
2022年8月10日(水)~2022年9月9日(金)必着

■募集キャラクター像
①新潟医療福祉大学同窓会が大好き!新潟医療福祉大学が大好き!
②人を繋ぎ、人が繋がることが大好き!
③新しいこと、挑戦することが大好き!

■表彰・賞金
大賞作品(1点):賞状および賞金5万円と同窓会グッズ
参加賞(応募者全員):同窓会グッズ

■審査方法
①募集期間終了後、新潟医療福祉大学同窓会役員会にて一次選考をおこないます
②一次選考通過作品を10月9日(日)の新潟医療福祉大学大学祭にて掲示、来場者投票を実施します
③上記の投票により最多票数獲得作品を公式マスコットキャラクターとして採用します

■応募資格
新潟医療福祉大学同窓会会員(同窓生)およびその家族、新潟医療福祉大学の在学生・教職員
※グループでの応募も可能とします
※複数応募可能(ただし、参加賞は1人1個とします)

■応募条件
①応募者のオリジナル作品で未使用未公表のもの
②他のコンテスト等で表彰を受けたことがないもの
③第三者が著作権等の権利を有している著作物を利用していないもの
④受賞・採用された作品の著作権・知的財産権を新潟医療福祉大学同窓会へ帰属します
⑤応募作品に著作権等の問題が発生し、損害等が発生する場合はすべて応募者の責任とします
⑥応募者は応募を持って本募集要項に同意したものとします

■応募方法
①応募用紙に必要事項を記入し、キャラクターの全身(正面・背面)のカラー作品をご記入ください
②新潟医療福祉大学同窓会支援室あてに郵送またはPDFデータを電子メールに送信ください
③応募に関わる費用はすべて応募者の負担とします
④応募用紙・PDFデータの返却はしません
⑤応募者の個人情報は、作品の審査・発表・表彰・採用時の広報以外の目的では使用しません

■応募先・問い合わせ先
〒950-3198 新潟県新潟市北区島見町1398番地 新潟医療福祉大学 学務部学生課 同窓会支援室
TEL:025-257-4500 Email:dosokai*nuhw.ac.jp ←*を@に置き換えてください

≫応募用紙は下記からダウンロードしてください≪
NUHW同窓会マスコットキャラクター応募要項

9/16(金)大学院秋のオープン・キャンパス開催!

投稿日:2022.08.04

同窓生の皆さん、こんにちは。大学院入試事務室です。
大学院オープン・キャンパスでは初めての夜に「秋のオープン・キャンパス」を開催します。
日中はお仕事や家庭の都合でなかなか時間をとることができない方、この時間帯ではいかがでしょうか?

日程:2022年9月16日(金)18:30~20:30
開催方法:Teamsによるオンライン開催
お申込み:事前申込制
こちらの申込フォームからお申し込みください。
↓↓↓
https://forms.gle/FwfhxBfLCjtWej2M9

プログラム(予定)
01.大学院進学ガイダンス
02.健康科学専攻の教員・現役院生の分野紹介・座談会
(健康栄養学分野・健康スポーツ学分野・看護学分野)
03. 学費・奨学金・入試概要説明
個別相談会も予定しています!

修了生の声・・・
「職場だけでは学べないことを学んでみたい」と思い大学院に進学することを決めました。大学院での研究テーマ決定、データ集め、統計解析、論文作成、学会発表等、これらは現在の業務でも生かすことが出来ています。最近は「日々の取り組みを発表しよう」という院内の流れもあり、そのような声がかかる場面では積極的に手を挙げ、発表の機会を得るようにしています。自分たちの取り組んできたことが何かしらの形となり、結果として成果が示されることはとても大切なことです。大学院と仕事の両立は正直大変でしたが、それ以上に大きな経験、知識を習得できたように思います。少しの勇気が今後の大きな成長に繋がります。皆さんも、大学院進学を考えてみてはいかがでしょうか。
(社会人院生・Y.Rさん 2017年度健康栄養学分野修了)

メディカルフィットネスで働くために大学院に進学しました。大学院生活の中では、常に疑問を持つことを心がけていました。研究ではもちろん、運動指導等の現場に立った時も、「どうしたら目の前の人たちを満足させてあげられるか」「どのような運動が効果的なのか」など、常に疑問を持ち、考えるようにしていました。このような思考力が身についたのも、大学院に進学したおかげだと思っています。研究は、認知症予防や認知機能低下予防をテーマとして取り組んでいました。学んだ知識を活かし、職場でも会員さんと脳トレをしたり、運動が認知機能に与える影響についてお話したり、学んできたことが私自身の強みとなっています。
(フルタイム院生・N.Sさん 2018年度健康スポーツ学分野修了)

2023年4月新潟医療福祉大学大学院が変わります!詳しくはオープン・キャンパスで!

9/2(金)自然人類学分野新設説明会開催!

投稿日:2022.08.04

2023年4月新潟医療福祉大学大学院保健学専攻に「自然人類学分野」を設置構想中です。
学部などで解剖学関連の授業を履修していなくても解剖学を基礎から学び、人骨が出土する遺跡で実際に人骨をどのように扱うかを実習しますので、解剖学・法医人類学を極めることが可能です。全国各地から出土した各時代の豊富な人骨資料と、経験豊かな教員のもとで骨のスペシャリストを育成します。

下記日程で説明会を開催します!興味のある方はぜひご参加ください!

日程:2022年9月2日(金)18:30~19:30
開催方法:Teamsによるオンライン開催
お申込み:事前申込制
こちらの申込フォームからお申し込みください。
↓↓↓
https://forms.gle/FxuDFkiaJ1NdMoMv6

プログラム(予定)
01.大学院進学について
02.自然人類学分野の紹介
03.大学院生トーク
04.学費・奨学金・入試概要説明
個別相談のご希望がありましたらご連絡ください!

OT同窓生の輪を広げよう!【作業療法学科 能村友紀教授】

投稿日:2022.08.04

みなさんお久しぶりです!OT学科同窓会サポーターの能村友紀です。

本学OT学科は、これまで800名以上の作業療法士を輩出してきました。そしてOT同窓生のための「新潟医療福祉大学作業療法学科同窓会」が発足しました!これから全国のOT同窓生の輪を広げて、縦と横のつながりをもちながら有意義な情報交換が行われることを期待しています。OT同窓会へのご協力をお願いします。私も同窓会サポーターとして微力ながらお力添えさせていただきます。よろしくお願いします!

OT学科やOT同窓会に関する新しい情報を提供しますので、同窓会登録をお願い致します。是非ともお知り合いのOT同窓生にもお声掛けください。
新潟医療福祉大学同窓会員登録はこちらから→ https://www.nuhw-dosokai.jp/form/


▲作業療法学科 能村友紀教授

懐かしの先生からメッセージ【聖隷クリストファー大学教授 泉 良太 先生】

投稿日:2022.08.04

みなさんお元気ですか?2008~2015年度まで貴学の作業療法学科で勤務していた泉です.
現在は静岡県にある聖隷クリストファー大学で教員をしております.

貴学勤務中には,勢いのある国試壮行会等,在学生と近い距離で大変楽しく過ごさせていただきました(現在はコロナ禍であり自粛中とは思いますが…).
また,卒業生の皆様とは,今でも全国の学会等でお会いし,当時の思い出に浸ることが多くあります.皆様は私が新潟を去った後にも,温かく声をかけてくださいますね.その優しさ…とても大好きです.

今後も私を見かけたときには,是非ともお声掛けくださいね.では,またどこかで…


▲聖隷クリストファー大学教授 泉良太先生

懐かしの先生からメッセージ【新潟医療福祉大学名誉教授 岩崎 テル子 先生】

投稿日:2022.08.04

みなさんお元気ですか。能村先生からみなさんにメッセ-ジをとご依頼があってから、必死で資料を探しました。

私が在職した2002年(1期生が2年次)から、2006年の退職時6期生までの写真名簿を発見。308人のお名前を呼んでお元気ですかと声を掛けました。1~2期生の卒業写真と照合しましたが判別出来たのは半数。学会で会っても判らないのは当然と一人笑ってしまいました。

私はもう84歳。日本作業療法士協会の研究倫理審査委員をしています。今年度限りで退任予定ですので、全卒業生の皆様、是非倫理審査が必要な論文を書いて私に見せてください。

新潟の大きな空と海が好きです。大学も学部学科が増え、発展している大学を母校に持つ幸せを噛み締めて頑張って下さい。


▲新潟医療福祉大学名誉教授 岩崎テル子先生

ブログナビ

月別の記事

最近の記事

カテゴリ

pagetop